お金を借りる 審査

お金を借りる時の審査で落ちる人は?

オススメされているお金を借りる申込みをしても審査に落ちるけど、どうしてだろうと悩んでいる方もいると思います。審査に通らないということは、カードローンの利用ができないことに直結します。何とか審査に落ちる理由を突き止めて、今度こそ審査を通過したいところです。

 

 

お金借りる時の審査に落ちる人には共通点がある

 

小銭でも大事なお金です

カードローンの審査に落ちる人、それは何らかの共通した問題点があるようです。カードローンの審査に通るには、成人であること、安定した収入があることの2点が大事です。もちろん銀行カードローンでは一部で年収による制限をしている商品もありますが…。

 

このような分かりやすい理由で審査に落ちたのならば、そう悩まないと思います。

 

問題なのは、どうして審査に落ちたのか自分では思い当たるフシがないことです。しかし実は審査に落ちる人には、共通点があるようです。そのポイントを知っておくことをおすすめします。

 

 

勤続年数が短い、在籍確認が取れない

上記のようにお金を借りる際に、カードローンを利用するには、安定した収入が必要となりますが、無職の人は申込みの時点で門前払いとなるので、審査を受けるまでもない場合が多いです。

 

取敢えず申込みを完了することができても、その後審査に落ちる場合は勤続年数が短い、在籍確認が取れない場合が考えられます。

 

長期で働いていれば、アルバイトやパート、派遣社員でも安定した収入があると見られるので、年収が少なくても審査に通ることは可能です。ただし、職を転々としている場合、在籍確認の電話が掛かって来てもあなたのことを知らない社員が電話に出る場合もあるでしょう。そのために在籍確認を正しく行えない可能性もあります。

 

そして勤続年数が少ないことで、属性が悪くなるケースも多いです。勤続年収は1年以上がベストであり、6か月未満となると非常に不利になると思っていた方が良いでしょう。

 

お金を借りるときに属性に不利になる要素がある

お金を借りる時の審査に必要なのは属性と信用情報となりますが、特に属性は金融会社が審査するために、審査結果に大きく影響をしてきます。たとえば健康保険の種類もその1つです。

 

社会保険は国民健康保険よりも信用を得ることができるようです。これも安定した収入があることの1つの象徴と言えるポイントです。社会保険=正規採用社員ということになるからです。

 

また賃貸住宅に住んでいる一人暮らしの方は、審査で不利と言われています。最も身軽であるために、返済ができない場合に消息が掴めなくなる可能性が高いことが理由の1つです。また家賃や生活費にお金が掛かることで、返済に回せるお金があるかという点でもこのような属性の方は審査に落ちやすいと言えるかもしれません。

 

その点では単身者でも実家暮らしの方が自分にお金を掛ける余裕があるため、属性は良くなるようです。

 

審査まとめ【お金を借りるおすすめcom】

上記の審査についての話は、いわゆるウワサの範囲を出ないもので確かな情報ではありませんが、一般的にお金の貸し借りをする上で判断基準になるようなポイントですので、あながち間違っているともいえません。

 

お金を借りる際に、最もおすすめなこととして、「自分の情報で嘘をつかない」「必要なだけを借入申し込みする」ということがオススメです。借入金額が少ないほうが、貸す方も審査に通しやすいということもあるようですから、ムダに多くの金額を借りるのはオススメではないです。

 

お金を借りる おすすめ